Loading the content... Loading depends on your connection speed!

個人輸入の基礎知識

個人輸入とは

個人輸入とは
「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」
と限定されています。(日本税関・厚生労働省のHPより)

一般的に排卵検査薬は日本では都度、処方箋を持って薬局へ行かないと購入ができません。
それでは時間も費用もかかります。
排卵検査薬や妊娠検査薬は妊娠までにかなりの数を使うものです。
ですから、海外のお手頃な検査薬を気軽に使ってもらいたいという思いから、私たちは中国で検査薬の店舗をはじめ、
日本語でご案内しています。

そのため、ここではお客様が自分のために購入することに限って販売をしております。

稀に大量購入を希望されるお客様がいらっしゃいます。
日本語での案内ではありますが、海外からの販売であること、お客様自身で個人輸入をしていることをご理解くださいませ。

海外からの発送

個人輸入ということは、商品は海外からの発送となります。
主に国際書留便での発送となりますが、海を渡ってくるので、日本とは配送事情は同じにはなりません。
国際便ですので、日本国内での配送より時間がかかります。
荷物の受取までに時間がかかることを想定して時間に余裕をもって注文しましょう。

国際荷物が届くまで

海外からの荷物が届くまでの流れは

出荷→中国郵政での受付→中国税関での輸出通関→飛行機で日本へ移動→日本税関での通関手続き→国内配送

という流れになります。

ゴールデンウィークや年末年始など大型連休をはさむと税関はお休みになりますので、
その間、荷物が停滞することになります。
そのため、大型連休の前後はかなり混雑し、お届けまでに通常より時間がかかってしまいます。

ここで注意点は日本側は日本の大型連休に合わせて税関がお休みになるのですが、
中国側は中国の法定休日に合わせてお休みとなりますので、
両国での大型連休に影響されます。

荷物の遅延について

荷物のお届けまでに通常より時間がかかるケースとして考えられる要因は以下です。

1)年末年始やゴールデンウィーク、中国の旧正月などの大型連休の前後で混雑している。
2)台風や悪天候などにより、飛行機が遅延した。

上記以外に中国ならではの原因として

1)日中間の外交に問題が発生した時
外交問題が出た場合(領地問題など)、中国税関のチェックがいつも以上に厳しくなり、そのため通関に時間がかかり全体的に遅延するケース。

2)中国の政治的イベントがある時
日本で言うところの国会が始まるなど、中国全土でセキュリティが厳しくなる時期は荷物もすべてチェックが厳しくなり、時間がかかります。

3)中国のネットショッピング大型セールの前後
中国の大型セールは日本の比ではないほど盛り上がります。
その規模は1日のそのモールの売上が何兆円という国家予算ほどにも上ります。
そのため、その前後は国内配送がかなり混み合い、そもそもの流通網自体時間がかかってしまうケース。

日本からは考えられないようなケースも稀に発生します。
が、通常は大型連休などを頭に入れておけばOKでしょう。